今コピー機代理店がアツイ!どんなスキルがあれば有利?

コピー機代理店でお客さんに売り込むのに必要なスキルは?

おすすめリンク

代理店にコピー機の修理を依頼するときには

コピー機の調子が悪い。起動しない等の問題が発生した時に代理店に依頼する際のポイントをご紹介します。

コミュニケーションスキルでコピー機の特徴を伝えよう

求められていないコピー機に関してずっと説明していても、契約を取れることはないでしょう。 重要なのは、相手の需要にいかに応えるかということです。 何を求められているのか、相手の情報をうまく引き出し瞬時に察知しましょう。 仕事の邪魔にならないよう、都合の良い時間帯に会社を訪れてください。

相手の需要を理解しよう

まず営業には、コミュニケーション能力が欠かせません。
相手の話を聞かずにコピー機を説明しても、相手は欲しいとは思いません。
むしろ邪魔だと思うので、契約してもらえないでしょう。
そのため相手の話を聞いて情報を引き出し、どのような複合機を求めているのか瞬時に判断してください。
相手の都合の良い時間帯にアポイントを取り、会社を訪れることを心がけましょう。
つまり相手を観察することが、契約の獲得に大きな効果を発揮します。

相手に伝わるよう丁寧にコピー機に関して説明してください。
どのような機能があり、それはどのような仕事をする時に使えるのかプレゼンテーションしましょう。
この時に説明が下手だったり、内容がまとまっていなかったりすると、相手にコピー機の良さが伝わりません。
心配な人は、事前にプレゼンテーションの練習をするのがおすすめです。
またコピー機のカタログを見なくても説明できるぐらい、情報を読み込んでください。
自分がコピー機に関して詳しくなれば、何を聞かれても的確な受け答えができます。

1日に、複数の会社を巡ることが考えられます。
1日に働ける時間が決まっているので、時間を無駄にしないよう効率よく訪問できるルートを決めてください。
あっちに行って逆方向のこっちの会社に行くというルートでは、移動時間が長くなってしまいます。
また初めて行く会社でも、遠慮せずに訪れましょう。
ここで戸惑うと、せっかくのチャンスを逃します。
自分に自信を持って、コピー機の営業を行ってください。

理解してもらえるように伝えよう

コピー機の特徴が伝われば、相手は興味を持ってくれます。 興味から使いたい気持ちになれば契約してくれるかもしれないので、簡潔でわかりやすい説明を心がけてください。 また質問されても良いように、準備を整えましょう。 質問の答えがわからず戸惑っていると、不信感を与えてしまいます。