コピー機代理店でお客さんに売り込むのに必要なスキルは?

コミュニケーションスキルでコピー機の特徴を伝えよう

今でも需要があるコピー機

訪問先でいきなりおすすめのコピー機の説明をしないでください。
代理店としては売り出したい製品があるかもしれませんが、相手の需要に一致していなければ契約を取ることはできません。
優先すべきはこちらの意思ではなく、相手の需要です。
最初に少し話をして情報を引き出し、どのようなコピー機を求めているのか突き止めてください。

条件に一致するコピー機だったら、相手は話を聞いてくれると思います。
機能的に優れていることがわかったら、契約してくれるでしょう。
情報を引き出すためにも相手とコミュニケーションを取ってください。
うまく相手の希望を聞き出しコミュニケーション能力の高い人が、コピー機代理店で働くのに向いています。
初対面の人が相手も緊張せず、すぐに仲良くなれる人はうまく働けるでしょう。

都合の良い時間帯を把握しよう

業務で忙しい時間に営業に行っても、話を聞いてくれません。
朝や終業時間近くに、会社に行くことは控えてください。
午前11時頃や、午後2時や3時頃がおすすめです。
会社の業務内容にもよりますが、その時間なら比較的余裕があり、じっくり話を聞いてくれると思います。
お昼の12時は、訪れても話を聞いてくれる人が昼食に出ている可能性があるのでなるべく避けてください。

1回でも相手にとって迷惑な行動をすると、印象が悪くなります。
印象が悪くならないよう、最低限のルールを守ってください。
もちろん、自分の身だしなみも印象に関係します。
身だしなみを整えて、営業に行きましょう。
具体的には寝癖を直したり、シワの付いていないシャツを着たりするなど、社会人としてはできて当たり前のことです。