コピー機代理店でお客さんに売り込むのに必要なスキルは?

たくさんの会社に行く

営業のルートを考えよう

計画的に行動できる人が、コピー機代理店で働くのに向いています。
計画を立てられないと適当に会社を巡ることになりますが、効率が悪くなります。
1日に1つや2つの会社にしか訪問できなかったら、もったいないです。
もっとたくさんの会社に行き、契約数がアップすると給料のアップにもつながります。
営業の仕事は、給料に顕著に反映されると理解してください。

良い結果を出せれば給料が増え、仕事に対するモチベーションが上がります。
もっと稼ごうと、仕事に夢中になれるでしょう。
そのために、営業のルートを最初に決めてください。
近くの会社を順番に巡るルートなら、移動時間が短くなります。
どのあたりにコピー機を使いそうな会社が密集しているのか、確認しましょう。

勇気を出して行こう

初めて行く会社は、誰でも緊張すると思います。
躊躇していると、他の人に契約を取られるかもしれません。
一緒の会社で働いている同僚は良い仲間で、時にはライバルにもなる存在です。
ライバルに負けないよう、初めての会社でも遠慮せずに営業を行ってください。

同じ会社に連続で行かないよう、どこの会社に営業をしに行ったのかメモすることをおすすめします。
1回断られたのに再び行くと、しつこいと思われるので印象が悪くなります。
コピー機の契約を取らなければいけないと焦っていても、無理に契約を迫ってはいけません。
無理に迫る方法で契約を取れても、後からトラブルが起こることになります。
あくまでも相手が契約したくなるよう、コピー機の特徴を説明することが基本です。